人間関係 病む

人間関係に病む。煩わしい場所から離れられない場合は。

人間関係 病む

人間関係 病む

人間関係に病む女性はとにかく多いですよね。

 

色々な人間関係がありますが、職場の人間関係、ママ友との人間関係、
近所の人間関係、煩わしいのは私も嫌いです。

 

私もそうでしたし、私の周りにも人間関係に病むといますか、
それで苦しんでいる人を数知れず知っています。

 

仕事の人間関係って本当に独特だと私は思います。

 

今、この記事を大きなショッピングモールのフードコートで書いているのですが、
こうして書いているそばからも、どこかの女性二人が、
職場の人間関係についての不満を大きな声でヒートアップして話しているのが聞こえてきます。

 

職場のストレスは自分でコントロールするのも難しいんですよね。

 

あなたもそうでしょうか、転職とかを考えていますか?

 

人間関係に病む。煩わしい場所から離れられない場合は。

人間関係に病む女性の特徴と言うんでしょうか、やっぱりその場所から離れたくても離れられないというのが、
本当に一番つらいところではないでしょうか。

 

たとえばママ友の幼稚園での人間関係とか、小学校とか、
子供が通っているからめんどくさくなって人間関係に病むのも分かる気がします。

 

いくら嫌なママ友がいて、関わりたくないと言っても、子供が通っている間は関わるのを我慢しないといけないですもんね。

 

人間関係に病む。職場で辛い時どうやって生きているのか?

職場の人間関係に病む女性はとにかく多いと思います。

 

上記のママ友などの面倒なものもあれば、他にも仕事の人間関係でしょうか、
女性ばかりの職場はとくに大変ですよね。

 

本当に何でだろうって思いますね。

 

多ければ多いほどグループが出来て、その輪に加われなければイジメに合う、あるいは冷たくされる。

 

百歩譲って自分も悪いところはあるとしても、していることは小学生レベルのこと、
人間関係に病む女性の中には鬱病とかになってしまう女性も中にはいます。

 

私は人間関係に病む、鬱で入院してしまったパート社員のところにお見舞いに行って、理由を聞いたんですが、
それで何でそこまで?って思うくらいの小さないざこざというかトラブルから関係がおかしくなって余されるみたいな、
私はそんな理由で、彼女をここまで追いやった人間をカスだとその時は思いました。

 

人間関係に病む前に誰かに相談を

在り来たりのストレス解消の方法ですが、人間関係に病む前に、必ず誰かに話を聞いてもらってください。

 

入院した女性が言っていた言葉で印象的だったのは、

 

「話したくても話せる人がいなかった。」

 

やっぱり表に出せずに抱え込みすぎてしまったことが人間関係に病む大きな原因の一つなんだと私はその時思いました。

 

それぐらいわかっているのに出来ないでいる女性の方が多いんですよね。

 

こう言ってて私も言えないでいる時がありますから。

 

人間関係に病む気持ちを聞いてくれる人、旦那さん、恋人、友人、あなたのそばに誰かいますか?

 

誰もいない場合は電話で相談できる電話占いを利用するといいです。

 

話を着てもらう事で前向きになれるアドバイスがもらえると思います。

 

人間関係で病む前にできること。

人間関係に病む人は、おそらく数え切れないほどいるのではないでしょうか。

 

色々な人間関係が世の中にはありますが、正直どの人間関係が一番大変とか、そういうのはないですよね。

 

あくまでも私が人間関係で病む理由は仕事の人間との関係からのストレスでしたが、
自分のように職場の人間関係に気に病むことが多くなったことが理由で転職を余儀なくされた方も多いのではないでしょうか。

 

人間関係で気に病むくらいなら。

人間関係で気に病むくらいなら、本当にその場所から離脱するというのが一番なんですけれど、
それができれば苦労はしないんですよね。

 

私も人間関係が原因で病むようになって、ある時は体調を崩して病院にも行ったりもしましたが、
それでも会社を辞めませんでしたから。

 

何ででしょうね、そこまでしている必要があったのかと今は不思議に思うくらいなんですが。

 

そこにはやはり、どうしてもそこからは離れられない理由があるからなんですよね。

 

たとえば最近良く聞くのがママ友同士の人間関係のトラブルから病む女性もいますよね、
それは子供が関係しているので、なかなかそこから離れるというのは難しいですもんね。

 

出来ることなら嫌な環境から抜け出したいというのが本音だとしても、どうしようもないですよね。

 

人間関係で病む前に。

人間関係で病む前に出来ることをちょっと考えてみたんですが、まずはこっちが図太くなることかもしれないですね。

 

悩むことよりそっちに力を使う、あなたが図太くなるという意味ですね。

 

たとえばですが、私のように仕事の人間関係で病むことが多くなったのであれば、よく言うのは同じ土俵にあがらないという事です、
相手を宇宙人とか、別の生き物と思うことですね。

 

これでも少し違うと思います。

 

たとえば、なんか言ってても、ハエがブンブンうるさいのと同じと考えたり。(笑

 

このようなことが思えるようになると人間関係に病むことも少しずつ少なくなってきたりします。

 

それでも人間関係に病むことが日常にある場合は、
やはり環境を変えることについて考えてみるというのも一つだと思います。

 

人間関係に病む日々を送るのはつまらないですよね。

 

page top